ホームへもどる


沿革の概要

明治 9年 4月  可愛村大字常友新屋郷に本校創立する。
明治12年 4月  常友小学校と称する。
明治20年 4月  中馬小学校と合併して常友簡易小学校と称する。
明治23年 5月  校舎増築する。(現校地に一部移転する)
明治24年 4月  可愛尋常小学校と称する。
大正 2年 4月  高等科を併置し,可愛尋常高等小学校と改称する。
            校舎を増築する。
大正 3年 4月  高原小学校と合併し,旧高原校舎を分校として使用する。
昭和 6年 9月  高原校舎を移築する。
昭和 9年11月  講堂を建築する。
昭和22年 4月  高等科を分離し,可愛小学校とする。(学制改革=6・3・3)
昭和28年 4月  吉田町・丹比村・可愛村・郷野村を合併し吉田町が誕生する。
            吉田町立可愛小学校と改称する。
昭和30年 9月  新校舎落成式を行う。
昭和32年 9月  講堂移築落成式を行う。
昭和33年 9月  運動場排水及び地上げ工事が完了する。
昭和34年 9月  給食室新築落成する。
昭和41年 9月  特別教室(理科・音楽)新築落成式を行う。 
昭和47年 8月  水泳プールが落成する。
昭和50年11月  吉田町給食センターが落成し,センター給食が始まる。
昭和51年 2月  運動場を整備し,100M直走路を確保する。
       10月  創立百年祭を挙行する。
昭和54年 3月  屋体運動場が落成する。
       10月  広島県小学校特別活動研究大会高田大会を開催する。
昭和63年 4月  体力・運動能力向上推進事業指定校(県教委)を受ける。
平成 元年 9月  プール屋根を葺き替える・小プールの排水溝を改良する。
平成 2年11月  優良PTAとして文部大臣表彰を受ける。
平成 3年 3月  体育館の床面と壁面の塗装工事を行う。
平成 4年 3月  防球ネットの改修及び犬走りを設置する。
平成 5年 3月  運動場遊具(滑り台・ジャングルジム・ブランコ・クライミング等)を設置する。
平成 6年10月  吉田町同和教育研究大会を開催する。
        11月  体育倉庫を新築落成する。
            プール便所を水洗トイレに改修する。
       12月  新校舎落成式を行う
平成 7年10月  第19回広島県小学校体育科研究大会を開催する。
平成 8年 3月  外壁が完成(国道側)し,防球ネットを新設する。
            とり小屋が新築落成する。
        4月  外壁に沿って山茶花を植え付ける。
        5月  農具庫を新設する。
        7月  プールの改修(排水施設)工事を行う。
平成 9年10月  文部省指定「体力づくり推進校」研究大会を開催する。
平成10年 9月  新学習指導要領にもとづく教育活動の見直しと試行を行う。 
           (ノーチャイム 学校行事 総合的な学習等)
平成11年 1月  登下校時の基準服から自由服着用を週1回とし試行を行う。
            PTA総会において,団体保険の集金を次年度より中止と決定する。
       10月  町同和教育研究大会において学校公開する。
平成12年 3月  プレハブ倉庫を設置する。
        4月  登下校時の服装を自由服とする。(3年間は継続する。)
        5月  自分たちでプランした修学旅行を始める。
平成13年 4月  文部科学省の「平成13・14年度人権教育研究事業」の指定を受ける。
       10月  高田教育推進会研究公開をする。(人権教育研究事業中間発表会)
       12月  ランチルームをコンピュータ室に改修
平成14年 4月  吉田町学力向上推進事業が始まる。
       10月  文部科学省人権教育研究事業「可愛小学校研究大会」を開催する。
       11月  プール改築工事始まる。
平成15年 3月  新プール完成する。
        8月  校内LANを整備する(全教室,特別教室)
       10月  地域研究公開を開催する。
平成16年10月  広島県小学校視聴覚教育研究大会
平成17年 7月  体育館防球ネット改修
       11月  地域研究公開を開催する。
平成18年11月  地域研究公開を開催する。
平成19年 2月  児童用パソコン入替を行う。
       11月  日本スポーツ振興センターより「学校安全優良校」表彰を受ける。
            広島県芸北教育事務所リーディングスクール指定「食教育」研究会を開催する。
平成20年11月  国立教育政策研究所指定「学力の把握に関する研究指定校事業」に係る公開研究会(1年次)を開催する。
平成21年 6月  平成22年度,新一年生から基準服の導入が決まる。
       12月  国立教育政策研究所指定「学力の把握に関する研究指定校事業」に係る公開研究会(2年次)を開催する。
            研究所指定「学力の把握に関する研究指定校事業」に係る公開研究会(2年次)を開催する。
平成22年 4月  基準服の導入が行われる。
        8月  卒業生近本氏から本の寄贈を受ける。(近本文庫創設)
       10月  国立教育政策研究所指定「学力の把握に関する研究指定校事業」に係る公開研究会(3年次)を開催する。
平成23年 2月  広島県教育委員会から「広島県教育奨励賞」表彰を受ける。
平成24年10月  広島県算数・数学教育研究大会を開催する。
平成25年 8月  「山・海・島」長期宿泊体験活動を実施する。
        9月  体育館耐震改修工事を行う。
       11月  地域研究公開を開催する。